補助金受給までの道のり(その1)~市役所との面談~

2021年3月12日

農業を始めたいと思ったとき、私はまず市役所の農政課に行きました。

私「農業をはじめたいのですが」
市職員「えっ!あなた自身が農業をやるってことですか?」

私「はい、そうです」
市職員「それは簡単ではないですね」

私「どうやったら農業やれますか?」
市職員「と、とりあえず今日は意向を聞いたということで、意向通りにできないということもあると思いますが、、、、、」

私「よろしくおねがいします」

とりあえず初日は具体的な話は何もなく、
こんな女性に農業できるのかという疑惑の目で見られて終了。


このままでは進展がないと思い、後日,facebookで知り合いになった
農業委員のFさんに連絡を取り、喫茶店でお会いしました。
後から知ったことですが、農業委員とは、農地の適正利用の促進や
農地の貸し借りの認定をする方たちで、市役所の農政課の方も当然ご存じでした。


Fさんから、就農補助金というのがあるから、市役所に詳しく説明するように言っておく
といってもらえました。
また、私の就農したい地域の農業委員のKさんをを紹介してもらいました。


その後、Kさんと連絡を取り、土地を貸してもらうには市役所の農政課に
おねがいしないといけない、私がついていくから一緒に行こうと言われ、もう一度市役所へ。

今度は、農業委員のバックアップもあって、就農に向けて研修先はどうするか、
補助金は受けたいのか、など具体的な話をしてもらえました。

そして、三度目の正直、市役所から呼び出され行ってみると、補助金を受けるには研修が必要だから、
私が通えそうな研修先の情報などを紹介してもらい、就農準備としての第一歩を踏み出すことができました。

補助金受給までの道のり(その2)に続く