就農とは

2021年3月1日

はじめに
本ブログは、現在は非農家だが、今後、就農を検討している人向けとなっております。

“就農"とは、農業界で仕事に就くことと捉えています。

農業界は、実に様々な職種があり、最近では六次化という新しい考え方も出てきました。
すぐ思いつくのが農作物の生産ですが、それは農業界の一部になります。

就農し、営農を継続させるためには、目指す就農形態をイメージすることが重要です。
まずは、次の選択肢から検討開始しましょう。

・雇用就農/独立就農
・農業界のどの分野を目指すのか
・就農場所

※私たちは野菜農家なのですが、"生産方針"に関することは別頁で解説いたします。

雇用就農/独立就農の検討

ポイント
 独立就農できるか?を基準に選びましょう。
 以下の3つが揃って初めて独立就農への道が開けると考えます。

 ・ある程度のノウハウを持っている
 ・利益が安定するまでの資金目途がついている
 ・計画立案能力、現場作業の段取り力を持っている

 更に、農作物生産では、一人と複数人では作業効率が全く違ってきますので、
 ・一人ではない(夫婦、親、兄弟等の支援がある、または雇用できる目途がある)
 も必須ではありませんが、重要です。

 特にノウハウもお金もないのであれば、失敗を回避するため雇用就農を選びましょう。
 雇用先で独立後の具体的な計画を立て、そこで志を同じくする同志や
 伴侶を得ることができれば独立就農への道は大きく開けてきます。

 

農業界のどの分野を選択するか

ポイント
生産(一次)、加工(二次)、販売(三次)とそれらを掛け合わせた六次化と
広い範囲の中から進む方向性を決めるのが良いです。

農業界の大枠を理解するために、政府の統計分類を確認するのも良いと思います。

 

加工(二次)は設備投資が必要なため、新規独立就農時には選択対象外となる
のではないでしょうか。
ただ、一般的にイメージしやすい生産(一次)だけでなく販売(三次)、農業サービス
という選択肢があることはお伝えしたいです。

私たちは、自然を感じながら働きたい為、且つ就農するまでのハードルが低そうな
“生産"を選択しました。

 

どこで就農するか

ポイント
田舎、都市近郊、都会の内、どこで就農したいか?を検討しましょう。

当然、田舎の方が耕作地は確保しやすいですが、消費地である都会までの運送料金、距離が問題となります。
都会はその逆で、農産物を販売しやすいですが、耕作地は確保しにくくなります。

私たちは、自然を感じながら働きたいですが、販売しやすさや運送料金を考慮し、都市近郊で就農することにしました。

非農家から最短で農家になるためには

 

最も確実なのは、農業学校に入校することでしょう。
しかし、農業界で行いたいことが決まっている場合は、雇用就農の項でお話ししたとおり
農業生産法人等の法人に就職、バイトするのが早いです。

最短期間目安は以下の通りです。

・就農方針検討:3か月
・就農予定地検討・引っ越し、農業学校、研修先法人選定:3か月
・学校入校、法人就職:1年

実績を積み、就農予定地の自治体から農地法3条許可が下りることで、"就農"となります。

ただ、上記は
・農業収入が安定するまでの期間の生活費の確保
・就農予定地の確保
・農業機械、資材の購入/確保

を考慮しておりません。

この辺りは、次の
就農準備 計画立案、実行
でお伝えいたします。

就農するまでの概要は以上となります。