就農を考えているがイメージが湧かない人のために

2021年3月1日

最近はコロナで農業が注目されてきていると感じています。
非農家の方が、「老後に備えて農業を選択肢として考えたい!」、
「副業として農業を考えたい!」という声をメディア等でよく見ます。

しかしながら、非農家の方が農業(特に米や野菜の生産)をするにあたって
どうしても外せない条件があると思っています。

それは「自然や作物を栽培することが(他の仕事と比較して)好き」であることです。
特に独立就農の場合は、農業で稼げるまでの間、数年掛かるのもザラです。

新規就農者の35%が離農するといわれる昨今、この稼げるまでの耐える時間を越せるかの分かれ目が
「自然や作物を栽培することが(他の仕事と比較して)好き」かどうかだと思っています。

ただ、都会に住まいの方で野菜栽培未経験の方は「好きかどうか」を
確認する機会が無い方も沢山、いらっしゃると思います。

そんな方にお勧めなのは↓のようなサポート付きの貸し農園です。

菜園アドバイザーが教えてくれる【シェア畑】

さらに付け加えると、無農薬で育てる大変さを事前に体験し、
それでも有機無農薬で行くのかを自問自答する期間に充てるのがおすすめです。
ちなみに、私たちは検討した結果、有機無農薬を断念し、慣行栽培としました。